秋と冬の境界。富士山麓へキャンプツーリング[2日目]

1日目の続きです。

低血圧な青下忍ライダーの記録
低血圧な青下忍ライダーの記録
節約しつつ趣味生活

 

朝、寒さで目が覚めました。

それもそのはず。カイロは冷え切り、気温は朝7時の時点で-2℃でした。

テントとバイクが凍ってました。

とにかく暖をとりたい!

ということで朝食作り。

インスタントの粉末スープと、袋麺でうどんを作りました。

 

もっと凝ったものも作りたいんですが、やはりぶっつけ本番じゃなく家で試しに作ってみないとですね…

実は昨晩のカレーも盛大に失敗していたのです…

 

天気予報では昼までに晴れるとのこと。テントが凍っているので陽の光で溶かして乾かしたいのでコーヒーでも飲んでのんびり待つことにしました。

考えてみればテントを片付けるまでこんなにゆったりしたのは初めてです。

遠出で起きてすぐ走り出すことが多かったもので…

テントとか長く使うなら今回みたいな使い方のほうが良さそうですよね。

 

3時間ほどして日差しが出てくれたのでテントもバイクもいいコンディションになりました。

このあたりで、私が富士山麓に来ていることを知った母が

「吉田うどんなら忍野の渡辺うどんがおすすめ」

との連絡が。

そんなことを言われては見過ごすことはできないです。

片付けを終え、管理棟でのチェックアウトを済ませ忍野へ向かいます。

 

ちなみに、チェックアウトの際に管理人さんに聞いた話なのですが、

年越しで利用者が多いのは本当。

しかし、当日来てサイトに入れないということはないだろう。

ただし、利用者数の予測がつきにくいので予約は必ず入れてもらえると助かる。

とのことです。

 

吉田うどんを食べる2

忍野八海の近くにあるよ!

と聞いていたのですが、結構離れてました。

10分くらい走ったと思います。

見た目は普通の民家ですが、お昼時は結構お客さんでごった返しています。

お店の前にも数台車が止められますが、すぐ近くに他の駐車場があるので車で来て停まれないということはなさそうです。

席について壁のメニューを眺めているとお店のお母さんから

「卵が苦手じゃなきゃ肉玉うどんがおすすめだよ」

と助言があったので

「じゃあ肉玉うどん!大で!」

と注文しました。

こちらが肉玉うどん(大)650円です。

気になるお味は…

 

すごいコシだ!これが吉田うどんか…

正直1日目もおいしかったんですが、こちらもめちゃくちゃうまい!

上に乗っている肉は馬肉で、味がしみていて凄く美味しい。

よく噛んで食べるので満腹感がすごい。

この値段でこの満腹感…最高です。

 

こちらのお店、替え玉もありますので物足りない場合はスープを残しておけばいくらでも食べられます。

忍野に観光に来られた際はぜひこのお店に行くことをおすすめします。

 

このあたりの名物としては「ほうとう」もあるのでどちらにするか迷いどころではありますね…

 

 

 

極寒の中寝ていた私は正直そろそろ体力の限界が来ていたので、まだ昼過ぎではありますが帰路につきました。

帰りも道志道〜八王子〜高井戸の均一区間を通って帰りました。

 

帰りの道志道は週末だったのもあり、すれ違うバイクがかなりの頻度で手を振ってくれました。

道の駅もバイクでいっぱいです。

去年は12月はもう寒すぎてバイクには乗っていなかったんですが、世間のライダーはまだまだ走っているんですね…

寒さ対策…もっと考えなくては…

 

と、いうわけで初めての冬キャンプでした。

 

改善するべきこと

今回のキャンプで色々気づいたことがあったのでメモ。

 

サイドバッグを使わず、シートバッグだけだと荷物がずり落ちてくる。

すべり止めが必要。

 

冬キャンプならぜひ焚き火を。焚き火台の購入検討。

 

キャンプ飯は家で実際に作って試してみる。(分量、火加減等)

 

 

まだまだ学ぶことは多いです…

コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA